アラキドン酸とオレイン酸
オレイン酸

アラキドン酸とオレイン酸

アラキドン酸と、オレイン酸は、どちらも人間の身体に必要な、不飽和脂肪酸のひとつです。
身体の働きに欠かせない必須脂肪酸と言われています。
アラキドン酸やリノール酸は、人間の身体だけでは作ることができないため、食べ物などから摂取する必要があります。
必須脂肪酸は、身体に良い効果があるということで、近年、特に注目されるようになってきた物質です。

アラキドン酸とリノール酸は、同じ不飽和脂肪酸ですが、それぞれが持つ働きや、効果が異なっています。
オレイン酸は、コレステロール値を下げる効果があるのが大きな特徴です。
人間の血液の中には、善玉コレステロールと悪玉コレステロールと2種類あって、悪玉コレステロールは、血液がドロドロになってしまう原因となります。
リノール酸は、悪玉コレステロールの値を減らし、善玉コレステロールの値は変わらないことが研究で分かってきました。
オレイン酸は、主にコーン油や、ベニバナ油、椿オイル、オリーブオイルといった、植物から抽出される油の商品に多く含まれています。

アラキドン酸は、肉や魚、乳製品といった物質の中に多く含まれている物質です。
特に、豚肉や赤身の肉、レバーなどに含まれています。
アラキドン酸は、リノール酸という不飽和脂肪酸が代謝することで作られます。
アラキドン酸は、ケガなどをして出血をした時に、血小板という、血液の中の組織を集めて、壁になり傷口をふさぐことにより、出血をいち早くを止めるという、止血効果がある一方、血圧の調整にもかかわっていたり、免疫力のアップなどにもかかわりがあります。
さらに、脳にとっても大切な物質で、考える力であったり、記憶をする能力が低下することを防止する役割があることが分かっています。
また、お腹の中の胎児や、産まれてすぐの赤ちゃんから幼児期に、脳の神経の急激な発達をする時期に、神経を行き渡らせる、とても重要な役割がある物質として知られるようになってきています。